眠れない悩みを抱える人は年々増えている

睡眠ドリンク 眠れない 女性

眠れない日が続くと疲れが翌日まで残ったり、日中に頭がぼんやりして小さなミスを連発したり…実は近年、こんな『眠れない悩み』を抱える人が増えています。

 

日本生活習慣病予防協会によれば、日本人成人のうち

 

・20%が慢性的な不眠

 

・15%が日中に過剰な眠気

 

 

を感じているというデータがあるそうです。

 

対処療法には睡眠導入剤の服用がありますが、薬に頼ってまで眠りたくないという人もまだまだ多いです。副作用や依存症というイメージが抜けきらないせいもあるのでしょう。

 

そこで注目されているのが睡眠の質をサポートしてくれる睡眠ドリンクや休息サプリ。天然成分を抽出して作られた睡眠ドリンクは、副作用の心配なく心身を休ませることができますよ。

人気の睡眠ドリンクランキング!おすすめは?

 

睡眠ドリンク ランキング マインドガードDX

マインドガードDXの特徴

世界中に存在する健康素材から満足できる配合になるまで120回以上の試行錯誤が繰り返されました。

厳選された天然成分によって、快適な生活のリズムを整えすっきりとした快適習慣へと導いてくれます

評価 評価5
備考 天然休息成分の配合量がダントツに多い
マインドガードDXの総評

サプリとドリンクタイプがあります。ドリンクなら吸収率がサプリの250%!他のサプリより価格が少し高いですが効果は◎

ドリンクタイプなのでオレンジジュースに入れて美味しく飲めるし効果が抜群で副作用なし

 
 

睡眠ドリンク ランキング Suyattoハーブの休息

Suyatto(すやっと)ハーブの休息の特徴

心と体を落ち着かせるための成分を厳選して配合したドリンク。特に女性のリラックス、体のめぐり、スッキリ感に相性がいいです

初回は割引価格で購入できます。口コミサイト『@コスメ』でも評価の高い実感力に自信のある休息ドリンク

評価 評価4.5
備考 24種類の和漢・西洋ハーブから抽出したナチュラル休息ドリンク
Suyatto(すやっと)ハーブの休息の総評

お休み前に飲むだけで休息成分が補給できるハーブの休息ドリンク。GABAやテアニンといった睡眠サプリにも使われる成分もたっぷり配合

睡眠薬全般の副作用に抵抗のある人に。天然植物成分のハーブの力で心も体もリラックス

 
 

睡眠ドリンク ランキング 北の大地の夢しずく

北の大地の夢しずくの特徴

アスパラガスから抽出した高品質の休息成分誘発物質エキスを配合

身体に直接休息成分を届けるという新しい発想で、様々な悩みを持つ人にも実感しやすい新設計サプリ

評価 評価4
備考 休息に必要な成分を『直接届ける』ドリンクサプリ
北の大地の夢しずくの総評

植物由来の休息成分をはじめギャバ、L-テアニン、クワンソウエキスなど安全性の高い原料を使用

ドリンクなのに持ち運びしやすいパウチ容器。お試しコースなら回数縛りなくストップ自由で割引を受けられます

 

寝付きは?睡眠ドリンクの効果

睡眠ドリンク 効果

数多くの睡眠ドリンクがありますが、その特徴は安全性の高さです。効き目はゆっくりですが、睡眠薬のように体に負担をかけることがありません。

 

そのため体の不調を感じずに睡眠対策が行えるのがメリットです。特にドリンクはサプリより吸収が早く、寝る前に飲むことで自然な休息を様々な形でサポートしてくれます。

自然な入眠をサポート

 

L-テアニンやGABAを配合した睡眠ドリンクなら、睡眠の質を向上させたり、身体の深部温度を安定させてスムーズな寝つきを助けてくれる効果が期待できます。

中途覚醒を抑える

 

クワンソウやラベンダーといったリラックスハーブが使われている睡眠ドリンクは、真夜中の目覚めに効果的と言われています。熟睡できない人にはおすすめな成分。

起床時の疲労感を軽減

 

テアニンなどのアミノ酸が睡眠の質をアップさせ、起床時の疲労感や眠気を感じにくくしてくれます。睡眠ドリンクには体調を整える成分も配合されています。

 

睡眠薬ほどの強力な催眠作用はないものの、副作用の心配が無く依存性ができにくいという安全性に関するメリットもあります。薬で無理やり眠りたくない、という人は試してみてはいかがでしょうか。

 

睡眠ドリンクに含まれる成分

睡眠ドリンク 成分

※画像はSuyattoハーブの休息


睡眠ドリンクの多くは天然の植物成分やハーブを抽出して作られています。なかでもこれらの成分は多くの睡眠ドリンクに含まれており、気持ちを落ち着かせたりスムーズな入眠を手助けしてくれます。

落ち着き成分・ギャバ(GABA)

睡眠ドリンク 成分 GABA

ストレスを軽減するとされ、リラックスと安眠に働きかける成分です。興奮系神経を抑え、身体の深部温度を下げる効果もあり、スムーズな寝付きがしやすくなると言われています。

眠りの質向上成分・クワンソウ

睡眠ドリンク 成分 クワンソウ

ハーブの一種で、鎮静・快眠作用が知られています。オキシピナタニンという成分が含まれており、これが真夜中の目覚め(中途覚醒)に効果的とされています。

リラックス成分・テアニン

睡眠ドリンク 成分 テアニン

お茶に含まれるアミノ酸の一種で、睡眠の質を向上させる機能性があります。起床時の疲労感や、眠気を軽減させる働きが報告されている成分でもあります。

 

睡眠ドリンクの効果的な飲み方

睡眠ドリンク 効果的な飲み方

睡眠ドリンクは医薬品ではなく、食品由来の『健康食品』。そのため飲み方に厳密な決まりはありません。しかし適当な飲み方では休息効果を最大限に発揮できません。効果的な飲み方を確認しておきましょう。

睡眠ドリンクはどれくらいの量を飲むの?

飲むのは1日1〜2回。ドリンクの種類によりますが、1回あたり20〜30ccが推奨量です。計量カップが同封されているものが多いので解りやすいですよ。

 

一例:人気睡眠ドリンクの摂取量

ドリンク名

1回に飲む量

1日に飲む回数

マインドガードDX

15〜30ml

2〜3回

Suyattoハーブの休息

17〜25ml

1回

北の大地の夢しずく

1本

1回

睡眠ドリンクはどうやって飲むの?

ストレートでも、炭酸などで割って飲むこともできます。味はドリンクの種類によりますが

 

・ハーブ系の風味

 

・柑橘系の風味

 

 

のものが多いようです。マインドガードDXなどは『ノニ』という独特の風味を持つ植物が使われています。はじめは薄めたほうが飲みやすく感じるので、好みで調節しましょう。

いつ飲むのが効果的?

決まりはありませんが、お風呂上りや夕食後といった就寝前のタイミングで飲むと効果を発揮しやすいです。ドリンクタイプはサプリよりも吸収が良いと言われるので、寝る前が良いでしょう。

 

また食事は寝る前に摂ると胃腸が活発になり、身体が休まりません。就寝時間の3時間前までには食事を済ませ、そのタイミングで睡眠ドリンクを飲むのが効果的です。

 

▼人気の睡眠ドリンクは?▼

睡眠ドリンクランキング

 

『眠れない!』休息を妨げる不眠の原因は?

睡眠ドリンク 眠れない

床に就いて何時間経っても眠れないときがあります。これはどんなに疲れていても起こり得る状況で、眠れない焦りはさらなる不眠を引き起こしてしまいます。

 

眠れない状況が続いているときは気付かないうちに体が変調をきたしていることも多いです。特に不眠は自覚症状が起きにくいため原因がハッキリせず、不安になりやすいです。休息を妨げる原因を確認しておきましょう。

交感神経の乱れは睡眠を妨げる

ストレスや不安、落ち込みなどが続くことは不眠症の原因となります。なぜならこれらが続くことで自律神経のバランスが乱れ、交感神経が活発になるからです。

 

交感神経と副交感神経の違い

交感神経

興奮、緊張を司ります。アドレナリンやノルアドレナリンが作用し始め、血圧や心拍数が上昇したり、瞳孔が開きます。

副交感神経

リラックスや休息を司ります。食事中や眠っているときなど、身体がゆったりとしているときに働きます。交感神経とは逆の作用をもたらします。

 

このように交感神経は緊張や興奮を、副交感神経は休息やリラックスを司ります。交感神経が優位な状態では体は緊張状態になります。

 

活動するときには交感神経が活発で優位な状態のほうが良いのですが、体を休めたいときにはそれでは不都合があります。体を休息させたいときには、副交感神経が優位になってリラックスできる状態のほうが望ましいです。

カフェイン・ニコチン・アルコールは睡眠の質を悪くする

睡眠ドリンク 不眠 原因

不眠症になる原因には食べ物なども関係しています。

 

カフェイン

 

コーヒーやお茶に含まれます。覚醒作用がありますので、寝付けなくなったり眠りの質が悪くなったりします。しっかりと眠りたいのであれば夕方以降は飲まないようにしましょう。

ニコチン

 

タバコに含まれ、覚醒作用があります。副交感神経が優位にならないと質のよい眠りが得られませんが、ニコチンの作用により交感神経が優位な状態になり眠りの質も悪くなります。タバコを吸われる方で不眠症が気になるという方は、寝る前の喫煙は控えましょう。

アルコール

 

アルコールにはすんなり眠れるようなイメージがありますが、眠りの質を下げてしまいます。睡眠の質そのものが悪化するので不眠症が気になるのであれば控えたほうが賢明です。

パソコンやスマホの普及も不眠の要因に

睡眠ドリンク 眠れない スマホ依存

現代人はTV以外にも、パソコンやスマホの普及でブルーライトを浴びることが増えています。このブルーライトは脳を覚醒させる作用があるため、不眠症の原因になります。

 

ブルーライトは交感神経が優位にさせるほか、体内時計を狂わせメラトニンの分泌を減らしてしまいます。ブルーライトの刺激を受けることで脳は『朝だ』と判断するのです。メラトニンは眠りを促すホルモンですから、十分に分泌させないと不眠症の原因になります。

 

・TVを寝る前まで見続けている

 

・ベッドの中でスマホをいじるクセがある

 

・スキマ時間はスマホを見ないと落ち着かない

 

 

このような習慣がある人は常に脳を覚醒状態にしてしまっています。

 

ブルーライトによる眠りへの悪影響を防ぐためには、就寝前にパソコンやスマホの画面を見ないのが最善策でしょう。『スマホ依存』の自覚がある方は意識してスマホを見ない時間を作る必要があります。

 

不眠の症状にはどんなものがある?

不眠症にも様々なタイプがあり、おおまかに4つのタイプに分類することができます。

 

不眠症の代表的なタイプ

入眠障害

寝つきが悪く、眠り始めるまでが長い

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めてしまう

早朝覚醒

朝早くに目が覚めてしまう

熟眠障害

睡眠時間はとったはずなのによく眠れた満足感がない

 

熟眠障害の場合は睡眠時間は足りていますが、どれもよく眠れない感覚を覚える点ではストレスにもなります。症状を感じたら早めに対処するか長引く場合は専門家のもとを受診することをおすすめします。

 

不眠症は体調のほか心にも悪影響を及ぼしますので、軽く見ていると大変なことになります。環境の変化などで起きる一過性のものもありますが、一カ月以上続く場合はなにかしらの対処が必要です。

不眠がもたらす『起きているとき』への悪影響

不眠 眠れない 悪影響

不眠症は熟眠障害も含め、十分なノンレム睡眠が得られていないことも考えられます。夜間に十分に眠れないと日中は眠気が起き、

 

・集中力の低下

 

・記憶障害

 

・もうろう、ぼーっとする

 

 

といった症状も出てきます。眠りが邪魔されているため、夜間に脳の整理や休息が十分に行われていないと考えられます。そのため日中に症状があったら仕事などにも影響が出てきます。

 

放置してしまうと不眠による『うつ』も発症する可能性があります。規則正しい生活を送るようにし、朝は太陽の光を浴びてメラトニンを体内に取り込むようにしましょう。悩みや精神的なストレスは溜め込まないようにすることが大切です。

不眠は病気や不調のリスクを高めることも…

不眠 肥満 糖尿

不眠症になってしまうと、ホルモンバランスや自律神経も乱れてきます。これらが乱れるとイライラしやすくなり、心にも不調が出てきます。

 

不眠の弊害@糖尿リスクの上昇

体の様々なコントロールが上手くいかなくなるため、糖尿リスクが高まると考えられています。特に不眠症と血糖コントロールは密接な関係があり、適切に眠れていないと血糖値があがるという報告があります。

不眠の弊害A肥満リスクの上昇

不眠は食欲を促進させるホルモンの分泌が増えるため、肥満になりやすくなります。また不眠が続くと「満腹になれば眠れるのではないか?」という勘違いから食べる量も増えがち。

 

不眠症だと思ったらストレスや飲酒、環境などできるだけ現在抱えている原因を取り除いていくことが必要となります。不眠症は生活習慣の原因にもなりますので、1日も早い対策を行いましょう。

あなたはどれに当てはまる?不眠症の種類

不眠症には4つのタイプがあると前述の記事でご紹介しました。ではそれぞれのタイプには具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

 

寝付けないタイプの不眠

 

何度も目覚めるタイプの不眠

 

熟睡できないタイプの不眠

 

 

に区切ってご説明していきます。

寝付けない不眠『入眠障害』

眠れない 入眠障害

入眠障害は布団に入ってもすぐに寝付けず、いつまでも眠れない状態が続くのが特徴です。寝付くまで30分〜1時間以上の時間がかかる傾向が見られますが、長い人なら2時間以上経過しても眠れない辛い症状があらわれます。

 

入眠障害を発症するのは心身のリラックス状態が足りていないことが原因です。精神や身体が緊張している状態で、主にストレスが原因だとされています。

 

・不安な出来事が頭から離れない

 

・仕事や環境にプレッシャーを感じる

 

・寝る直前まで緊張状態が続いていた

 

 

このような人は交感神経がいつまでも活発で、睡眠をとろうとする体制がなかなか整わないのが問題です。また不眠自体がストレスとなり、焦りから入眠障害のスパイラルに陥ることもあります。

 

※寝付くまで時間がかかっても苦痛を感じなかったり、不快感がなければ入眠障害による不眠症にはあてはまりません。

何度も目覚める『中途覚醒』『早朝覚醒』

眠れない 中度覚醒 早朝覚醒

中途覚醒は就寝中に3回以上など、何度も起きてしまう不眠症の種類です。早期覚醒は自分が思っているよりも早く起きすぎてしまう状態の不眠症を指します。

 

これらの不眠症の原因は深い眠りにつけないのが問題で、イライラして考え事をしていると短時間で目覚めてしまうようになります。このほか、

 

・睡眠時無呼吸症候群

 

・アルコールの日常的な摂取

 

 

が関係してきます。睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に呼吸が浅くなったり止まることで、身体の酸素が低下してしまい、睡眠の質が下がって昼間でも強い眠気があらわれるのが特徴です。中途覚醒がよくあらわれることでも有名です。

 

アルコールの場合は、体内に入って分解される際にレム睡眠を阻害する物質が発生するのが問題になります。寝つきを良くしようと寝酒をする人がいますが、これは睡眠の質を逆に落としてしまう行為です。

 

熟睡できない『熟眠障害』

眠れない 熟眠障害

熟眠障害は一見すると、しっかり眠れているような不眠症の種類になります。睡眠時間をたっぷり取り早めに寝ているにも関わらず、目覚めると身体のだるさを感じたり、熟睡できた感じがしないなどの不快な症状があらわれるのが特徴です。

 

原因として考えられるのがノンレム睡眠の不足です。ノンレム睡眠とは脳を休める深い睡眠状態です。以下のような状況が続くとノンレム睡眠が不足しやすいです。

 

・時差ボケ

 

・日中に日を浴びない

 

・体内時計の乱れ

 

・枕やマットレスが合わない

 

 

ノンレム睡眠とレム睡眠をリズムよく繰り返すのが質の良い睡眠と言われています。しかし熟眠障害の人はノンレム睡眠が少なく、脳が十分に休まっていません。このことから、長い睡眠時間をとってもすっきりと目覚めることが難しくなります。

 

質の良い睡眠をスムーズにとるために

睡眠ドリンク 医師

不眠は『これ』というハッキリとした原因がわかりにくく、対策が難しいものです。眠れないこと自体がストレスになりますし、日常生活にも支障をきたしかねません。人は生きている時間の3分の1を眠って過ごすわけですから、安易には考えられませんね。

 

「どうしても眠れない、休息がとれない」という時は医師に相談し、睡眠導入剤を処方してもらうのも一つの手段です。頼りきりではいけませんが、あなたの体と心が健康を取り戻せるまでは力を借りても良いでしょう。

 

最初から薬に頼りたくないという人は、まずは自分の不眠のタイプを見極め、その原因となっている行動を少しずつ減らしていきましょう。どこかで狂ってしまった歯車が戻れば、案外すんなりと眠れるようになることもあります。

 

睡眠ドリンク 女性 グラス

睡眠ドリンクはあなたの不眠対策の良いサポート役になってくれますよ。

 

▼人気の睡眠ドリンクは?▼

睡眠ドリンクランキング

 

睡眠ドリンク・不眠に関する記事一覧!

睡眠ドリンク 記事

 

【休息サプリ】睡眠薬依存から抜け出す休息成分|睡眠ドリンク

睡眠ドリンク 休息サプリ

薬を使って眠りたくない人は天然の休息成分を取り入れてみましょう。テアニンやトリプトファンを含んだ人気の休息サプリ、おすすめは?

>>休息サプリに関する記事はコチラ

睡眠に良い食べ物(飲み物)と食事のタイミング|睡眠ドリンク

睡眠ドリンク 食べ物

良質な眠りには睡眠ホルモン『メラトニン』『セロトニン』が必要です。その原料となる『トリプトファン』は食事から効率よく摂取しましょう。

>>睡眠と食べ物に関する記事はコチラ

カフェインで眠れない?コーヒーで目覚める理由|睡眠ドリンク

睡眠ドリンク コーヒー

寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなる…というのは有名な話です。カフェインが眠りを妨げてしまうメカニズムを解説します。

>>カフェインと不眠に関する記事はコチラ

セロトニンとトリプトファンの関係【セロトニンを増やす方法】

睡眠ドリンク セロトニン

睡眠ホルモン・セロトニンは『トリプトファン』というアミノ酸が原料になります。効率よくトリプトファンからセロトニンに変えていく方法を解説します。

>>セロトニンとトリプトファンに関する記事はコチラ

【睡眠薬の副作用】依存が引き起こす離脱症状|睡眠ドリンク

睡眠ドリンク 睡眠薬

眠れない人の強い味方である睡眠薬。しかし使い続けると体に『耐性』が形成され、徐々に依存度が高まります。急な断薬は辛い離脱症状を伴うことも。

>>睡眠薬の副作用に関する記事はコチラ